~ 自転車の防犯登録について ~ 


          自転車の防犯登録は、法律で義務づけられています。


   
    自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律
        第12条 第3項
       「自転車を利用する者は、その自転車について、国家公安委員会規制で
        定めるところにより、都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録
        を受けなければならない」

            自転車の防犯登録を行わない場合の罰則等はありませんが、
            自転車が盗難などの被害にあった場合に戻りやすくなりますので、
            自転車を取得した際には、必ず防犯登録をしましょう。
            
            







         【登録の方法】

       自転車を購入したお店(防犯登録所の指定を受けた自転車の販売業者)で、
       防犯登録をお願いします。
        ※ インターネットや通信販売、景品等で取得した場合は、自転車を取得した証明  
          (レシート、送り状、販売証明など)が必要です。


      四国中央地区防犯協会では、現在、個人からの防犯登録は受け付けておりません。


          
※ 防犯登録票甲(控え)は、大切に保管してください。
             盗難などの被害にあった時などには、この防犯登録票甲(控え)を持って
             警察に届けていただくようになります。大切に保管をお願いします。

                                           
      自転車・自動二輪車の防犯登録の状況(PDFファイル)

      
        
    防犯登録に関するお問い合わせの受付時間・・・平日8:30~17:00




TOPへ